総量規制一杯の人はどこからも融資無理

  1. 総量規制って何?対象になるのはどんな借り入れ?
  2. 総量規制以上に対応する中小消費者金融
  3. 貸金業法と銀行法 その違いから総量規制以上の借り入れが可能
  4. まとめローンも総量規制は関係ない
  5. 総量規制対象外のキャッシングはこんなにある?

 

 

総量規制って何?対象になるのはどんな借り入れ?

消費者金融やカードローンの法律は貸金業法に則っています。その中に総量規制があり、年収の3分の一以上の貸付を行ってはいけない事になっています。それもあくまでも個人向けのものであり、事業では無関係です。

 

貸付をする金融機関では、国内にいくつか存在する個人情報機関で個人情報を共有しています。例えば、Aさんが、W消費者金融に借り入れの申込をした場合、既にB銀行カードローンで借り入れが存在している。そんな事も情報共有でわかってしまいます。また、過去の返済記録も残っていますから、個人情報を元に金融機関では、調査を行います。

 

これが申込人が職業や年齢、年収の情報とともに個人情報を調べる審査になります。原則的に年収の3分の一以上の貸付は受けることができませんが、一部例外的なものもあります。住宅ローンやカーローンなどは、総量規制対象外の借入ができる他、貸金業以外の銀行カードローンなどの場合は、その銀行が判断する審査によっては、総量規制以上の借入もできます。また担保を有するローンに関しても、総量規制は無関係だと言われています。

 

消費者金融などでお気軽に借入ができるキャッシングなどについての総量規制です。最初に職業や年収の記述どおりの総量規制になりますが、途中で年収が変わったり、多額の借入に関しては改めて、収入証明などの提出で、定期的に年収チェックを行う場合もあります。しかし、返済さえきちんとしていれば、そのような手続きがない場合も多いです。

 

 

 

総量規制以上に対応する中小消費者金融

総量規制とは、年収の3分の一の範囲内で借り入れができることを指します。ですから、多重債務であったとしても、この範囲内であれば問題はありません。

 

銀行カードローンなどの申込に行った時に、多重債務であることを言わなかったとしても、銀行側で、個人情報を調べた上で、カードローンができるかを判断します。その時に総量規制の限度額さえ越えていなければ、一応カードローンを作ることができます。

 

この貸金業法が正式に決まったのは、10年位前のことで、それまではこのような規制はなく、比較的自由に借金ができた時代でした。それが、利息制限法とともに、貸金に関する法律の整備により、多く借りすぎない、確実な返済できるよう法改正を行いました。

 

この面倒な総量規制によって、それまで借金が簡単にできたけれど、年収の3分の一程度しか借りることができない現実に困っている方も少なくありません。国として返済を第一に考えてのことですが、年収が低い方にとっては辛いことです。大手消費者金融では、総量規制はガッチリと守っていますが、中小消費者金融などでは、要相談で、総量規制以上の貸金業を行っている場合もあります。

 

ここで間違わないでほしいのが、闇金です。ただ本当に返済ができると確信ある方にだけお勧めできる情報です。総量規制少しだけでオーバー可の中小消費者金融は、闇金ではありません。金融庁にも届け出を出している正式な金融会社ですが、その方の信用情報と個人情報を勘案し、利息制限法ギリギリの貸金を行っているところもあります。

 

ただし、多額の借り入れは無理で、確実に返済ができると証明された方だけに貸してくれるものです。ですから、総量規制限度額を超えてしまい、どうしようという方は、このような消費者金融を探してみてください。ブラックOKと言うのは闇金ですが、ホームページを良く読み、口コミなどで情報を集めた上で、申込を考えてください。大手消費者金融とは違い、提出書類も多く時間がかかります。これも闇金と大きな違いです。

 

 

 

貸金業法と銀行法 その違いから総量規制以上の借り入れが可能

貸金業法における総量規制があることで、年収の3分の一以上の借り入れは簡単に出来ません。大手消費者金融などでは、その審査も厳しいのですが、◯◯銀行カードローンという商品については、一部総量規制対象外とされている場合もあります。200万円や300万円の所得証明の提出もなし、消費者金融と比較をしても低金利のキャッシングができます。

 

これはどうしてでしょう?貸金業法に規制対象が、消費者金融やクレジット会社などに対して、銀行では銀行法の独自の審査機能があるからです。総量規制以上の借り入れができるからと言って、審査そのものは当然ありますし、厳しい内容になっていることもありますが、原則的には、総量規制以上の借り入れができる金融機関は多いと判断してもOKです。

 

そこで、総量規制対象外の高額なキャッシングの申込ですが、このときに希望利用額を10万円程度に設定し、審査通過後増額することをお勧めします。現在、消費者金融などから総量規制に近い借り入れがある方に対しては、審査基準が上がります。本当は100万円程度の融資がほしい場合でも最初は10万円というのが審査通過のポイントです。

 

たいていの方は、この方法で、とりあえず少なく希望を出してから、うまく総量規制以上のキャッシングをゲットしているようです。

 

 

 

まとめローンも総量規制は関係ない

消費者金融などで数社借り入れしている方で、まとめローンという言葉を耳にしたことがあるかもしれません。まとめローンは、現在の多重債務を1つの金融機関からの借り入れに借り換えをすることで、低金利で楽に返済しましょうと言うものです。このまとめローンを取り扱うのは銀行が多いですが、総量規制対象外ですから、何百万円単位での借り入れが出来ます。

 

総量規制対象外ですから、300万円の年収方は、総量規制100万円以上の借り入れもできることになります。消費者金融では叶わなかった多額のキャッシングが、銀行などではできるということです。ただし、銀行カードローンやまとめローンなどの審査は厳しいです。年収はもちろんですが、正社員3年以上とか、社会保険加入などの基準と過去の借り入れ返済で滞納や遅延をしていないことなど条件になります。

 

この時多重債務であったとしても、返済状況が正常なら、多額のまとめローンの契約を行うことが出来ます。まとめローンのときの多重債務も2社が平均的とされていますが、審査がゆるいとされる銀行カードローンの場合、最大5社まででも利用が可能になったという口コミもあります。ただし、一度も延滞がなかった方限定の話です。

 

 

 

総量規制対象外のキャッシングはこんなにある?

年収が関係する総量規制の話は耳にします。確かに、面倒な規定であり、今どうしても必要な借り入れをしたい方にはイライラしてしまうことです。

 

銀行カードローンの場合、総量規制に限ったことではなく、収入が安定していて、多重債務であっても、滞納も遅延もなければ、総量規制対象外の借り入れが出来ます。ただし、審査はありますから、絶対にとは言えませんが、返済を順調にしてきた方は大丈夫なようです。

 

不動産をお持ちの方は、総量規制無関係で、不動産担保ローンの申込が出来ます。こちらも一応定職が条件になっていますが、まとめローンの使用などですと、多重債務者でも対応してくれますし、多額になれば低金利のローンです。まとめローンとして銀行カードローンを使用するときにも総量規制対象外になりますから、一度に多重債務を解消することができます。

 

一応、総量規制無関係のローンは数が多くありますが、いずれも

 

  • 過去に返済事故を起こしていない
  • 定期的な収入がある
  • パートやアルバイトではなく正社員

 

などが条件になっています。

 

ですから、上記の方で、少し借り入れを増やしたい方は、総量規制対象外のキャッシングに申込をしてみると良いかもしれません。ただし、必ず返済ができると確信があることが条件です・